【住宅トラブルを未然に回避】シロアリ対策の優良策を要チェック

対策の難しさ

はと

認められていない法律

今現在日本では鳩によって人間が被害を受けてしまっても基本的には直接人間が手をくだし鳩を駆除することは法律で禁じられています。その一方で鳩による事態の深刻化も進んでおり、結果的には鳩を寄せ付けない、追い払う等の手段で解決するしかなく、根本的な解決はなかなか難しい問題なのが現実です。また、鳩による糞は衛生的にもとても問題があり、病気の感染源、アレルギーの症状を起こす原因にもなっていることが分かっており、小さなお子さんやお年寄りがいるご家庭では特に注意が必要で、もし頻繁に糞害を受けるような環境であるならば即刻対策をしないと二次災害の恐れすら出てきてしまいます。例外で被害が起きてから役所に申請することによって、業者によっての駆除を認めていることも事実ですが、申請後即対応してもらえるというわけではなく審査を通して許可が降りてからの行動となりますので、申請を通してる間被害は続いてしまいます。鳩を含む鳥獣保護法がある限り一般の人間がどんなに被害を受けようとも、捕まえて危害を加えたり、駆除したりという行為は許されませんので、どんなに腹が立ってももし被害を受けたら追い払うということが今現在の有力な方法である以上、家の回りや普段鳩がいる場所を鳩の住みにくい環境にすると共に鳩よけや侵入防止ネットなどをうまく使って、ハナから駆除を考えなくて良いように先手の対策を取ってそもそも寄せ付けないということが重要です。